外遊びの大切さ ~ 子どもにとって遊ぶことは生きること、育つこと

外遊び

スキップができなかったり、ボールを上手くよけられずに顔面をケガしたり……。現代の子どもたちの運動能力の低下は、外遊びの減少と大きく関係しているようです。今回は、児童福祉、教育学、都市計画がご専門の荻須隆雄先生に、外遊びについて詳しいお話をうかがってみました。

日常生活すべてが子どもにとっての「遊び」

― そもそも、大人の遊びと子どもの遊びは違うのでしょうか

大人の遊びの代表的なものにゴルフ、麻雀や競馬がありますが、このような大人の遊びは、非生産的活動と受け止められることが多いですね。これに対し、子どもにとっての遊びとは、日常行動そのものを指します。たとえば、はう、つかまり立ち、伝い歩きができる頃の乳児には、ティッシュペーパーの箱を空っぽにするまで引っ張り出したり、タンスの引き出しを開けて、中のものを全部出してしまうなどがみられます。親にとっては困った行動に思えます。このような行動は、子どもが実物に接して確かめるための遊びです。こうした生活を通して経験するすべてが知識となって身に付き、また発育・発達のベースにもなっていきます。大人の遊びに比べて、不可欠な活動ですね。
大人の遊びと子どもの遊びの違いについて、19世紀末から20世紀初頭にかけて、子どもが外遊びできるような遊び場づくりに尽力し、米国で「レクリエーションの父・遊び場の父」と称されているジョセフ・リーは、「大人にとっての遊びは、生活の変化を得るためのレクリエーションであるが、子どもにとっての遊びは、成長に不可欠なものである」という有名な言葉をのこしています。

外遊び
― 具体的に、子どもが遊ぶことによって起こる心身の変化とは?

まず、体を動かす遊びによって、首、胴体、腕、手首、指先などを動かす運動発達が助けられます。また、いろいろなものを見たり、聞いたり、触ったりすることで、感覚・知覚器官の感受性が高まります。記憶、物事の関連性の理解、想像、思考などの知的能力も発達します。このほかにも、大人、兄弟や友達と一緒に遊ぶことで、人を信頼することや思いやることなど、基本的な人付き合いの仕方を身に付けていきます。また、嫌なことがあったときに、遊ぶことによってこころを癒すこともできる、とも言われています。つまり、子どもにとって、遊びは人間形成の土台となる大切な活動と言えます。

次は「公園は”運動能力を養う理想の空間」に続きます。

荻須隆雄
プロフィール
荻須隆雄先生
荻須隆雄東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程修了。旧厚生省児童家庭局育成課主査(厚生技官)、埼玉県立大学保健医療福祉学部教授等を経て、2013年3月まで玉川大学教育学部教授。博士(学術)。主な著書に『遊び場の安全ハンドブック』(共著 玉川大学出版部 2004、こども環境学会:第1回こども環境論文賞受賞<2006年4月>)、『保育所における事故防止・安全保育』(共著 日本保育協会 2003)など

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。