モンチッチ公園 ~ もはやモンチッチの聖地!?地域から、世界から愛される公園に

モンチッチ

地域の方々はもちろん、全国からもファンが訪れ、愛されているモンチッチ公園。現在、「モンチッチ公園」の管理をされている葛飾区公園課の海老澤智さんに、公園完成までの経緯や現状をうかがってみました。

地域に、ファンに愛されているモンチッチ公園

− 公園の名前がとても印象的ですね。

正式名称は「西新小岩五丁目公園」ですが、地域の方々からの強い要望により、モンチッチ生誕の地に因んで「モンチッチ公園」と愛称をつけることにしたんです。 特徴は、公園のあちこちにモンチッチのイラストを施したことです。入り口のモザイク画をはじめ、案内板やトイレの壁面など、様々なシーンでモンチッチを楽しむことができます。この公園は災害時の応急活動の場所にもなっており、防災施設も数多く設置しています。地域住民と何度も話し合い、構想から基本・実施設計、工事までおよそ4年の歳月を経て、2016年4月に開園しました。

− どんな方が利用されているのでしょうか?

小さなお子さんから元気な小学生、ご年配の方々まで、あらゆる世代の方々に親しまれています。公園の建設時、地域住民の要望で防球ネットを配置することにしました。ボールが敷地外に飛び出る心配がないので、子どもたちも思いきりボール遊びを楽しんでいますよ。またモンチッチの聖地ということで、全国からモンチッチファンも訪れるほどです。 オープンしてまだ1年も経っていませんが、地域の憩いの場としてすっかり定着したようです。

 

公園情報
モンチッチ公園(正式名称:西新小岩五丁目公園)
東京都葛飾区西新小岩5-2-4、5-7-7
●防災施設
防災倉庫・かまどベンチ・仮設トイレ用マンホール、洗い場、手押しポンプ、雨水貯留槽、防火水槽 ほか
●公園施設
複合遊具、運動遊具、健康遊具、トイレ、パーゴラ、水飲み、ベンチ、時計塔 ほか