浦安市運動公園 ~ 船長になって冒険!アスレチック遊具(千葉県浦安市)

浦安市運動公園は都内からも近い東京ディズニーリゾートのすぐそば。遊びと運動を上手く融合させた遊具の数々!船型アスレチックの甲板で船長気分になったり、木製迷路で追いかけっこしたり。子供たちをワクワクさせるアイディアいっぱいの遊具で、遊びながら思いっきり身体を動かせます。

冒険広場(浦安市運動公園)

船型の複合アスレチックは遊びながら身体が鍛えられる

・年齢別おすすめ度
【1~3才】親の付き添って、1階の迷路や砂場で遊べます。
【3~6才】親の付き添って遊べます。
【6~12才】身体を充分に動かせることができます。

船型アスレチック

浦安市運動公園

公園入口の「躍動の門」を抜けると、すぐ右手にあるのが木製アスレチック等の設けられた冒険広場。船型の大きなアスレチックは甲板部に登れるほか、ネットや迷路など思いっきり身体を動かすことができます。甲板下にある砂場では、多少の雨なら濡れずに遊ぶことができるでしょう。

浦安市運動公園

手を引いてあげると、2歳児でも甲板に登ることができました。一通り探検していましたが、特に迷路での追いかけっこが楽しかったようです。

船以外のアスレチック遊具(浦安市運動公園)

大小2つの滑り台で年齢問わず楽しめる

・年齢別おすすめ度
【1~3才】親の付き添いが必要です。
【3~6才】親の付き添いが必要です。
【6~12才】長いローラーすべり台は小学生向けです。

浦安市運動公園

船型アスレチックのすぐ横には、小さな子供でも遊べる滑り台があります。その他、ネットや鉄棒の付いた木など、よじ登って遊べる遊具も。脇にあるウネウネした木の道は、走るとバランス感覚が養えそうです。また、少し離れた場所に長いローラー滑り台が設けられているなど、身体を存分に動かせるアイディアが詰まっています。

浦安市運動公園

ローラー滑り台に興味津々でしたが、残念ながら6〜12歳用。そのため、2歳の息子は小さな滑り台で遊ばせました。冒険広場に近いので、何度も行き来して楽しめたようです。

浦安市運動公園
ここが楽しかった!おすすめポイント

木陰のベンチからでも目の届く範囲で、登ったり走ったり。船型のアスレチックは、想像力を膨らませて“船長ごっこ”などさまざまな遊びができそう。年齢を問わず楽しく身体が動かせる遊具が充実しているため、都内からちょっと足を延ばして親子で訪れるのにピッタリな公園です。

 

公園情報
浦安市運動公園

広々とした浦安運動公園は、「市民がスポーツを通じて交流し、健康を保持増進する場として、スポーツ施設と広場が共存するよう計画した浦安市最大規模の公園(公式サイトより)」です。

スポーツ施設はもちろん、遊具なども充実しているので、浦安市民だけでなく東京ディズニーリゾートへ前泊で訪れた子ども連れの方も利用するみたいですよ。

遊び疲れたら体育館のカフェテリアでひと休み。天気がよければ広い芝生広場でごろりと寝っころがるのも楽しいかも。JR京葉線「舞浜駅」から徒歩10分というアクセスの良さもうれしいですね。

訪れたら岡本太郎氏の作品を眺めるのもお忘れなく。正面入口の「躍動の門」や、海をイメージした池の中に5つの大陸を表現した「五大陸」はまさにエネルギッシュ。総合体育館には1964年の「東京オリンピック参加メダル」の複製のレリーフが展示されています。

住所:千葉県浦安市舞浜2番地27
アクセス:
・京葉線「舞浜駅」徒歩10分
・東京ベイシティ交通バス2系統・4系統・6系統・8系統・12系統・14系統・20系統・22系統・23系統で「運動公園」下車
・おさんぽバス舞浜線で「運動公園」下車
主な施設:公園広場、総合体育館、屋内水泳プール、球技場、など
駐車場:あり
公式サイト:浦安市みどり公園課(http://www.city.urayasu.lg.jp/shisetsu/kouen/1005631.html)

すべり台おやじ