こども自然公園 ~ 小動物や大自然とのふれあいを満喫しよう!(神奈川県横浜市)

こども自然公園は横浜市最大級の面積を誇る公園で、「大池公園」の愛称で親しまれています。水辺には魚や水鳥、蛍など多くの野生の生き物が生息していて、大自然とのふれあいを満喫できます。

春にはお花見。夏には蛍。秋には紅葉と、四季折々の自然を楽しむことができる公園です。遠足気分を味わえる「バーベキュー広場」や「ピクニック広場」。子供が喜ぶ大型アスレチック「とりでの森」や小動物と触れ合える「まきが原ちびっこ動物園」など、広大な敷地を存分に生かした作りになっています。入場料が無料なのも人気のポイントです。

まきが原ちびっこ動物園

初めての感触?小動物とのふれあいに心がやさしくなる。

・年齢別おすすめ度
【1~3才】ハツカネズミを器に入れて撫でてあげましょう。
【3~6才】モルモットを膝に乗せてブラッシングしてあげましょう。
【6~12才】にわとりを抱っこして、観察してみましょう。

ハツカネズミやモルモット、にわとりと直接触れ合うことができます。スタッフが一匹ずつ手渡してくれ、一人で一匹を独占できるので、動物の動きをじっくりと観察することができます。

器から逃げ出そうとするハツカネズミを優しく戻したり、手の上や腕に乗せたりして、ハツカネズミが這い回る感触をくすぐったそうにしながら楽しみました。

モルモットは小さな座布団の上に乗せて、両手で包み込みながら椅子まで移動します。膝に乗せてブラッシングしてあげると気持ち良さそうに目をつぶります。動きがゆっくりなので、じっくりと観察することができました。

にわとりは見た目に迫力があるため、抱っこをすることができませんでした。大人が抱っこしたにわとりをなでてあげたりたり、少し顔を近づけたりして観察しました。

とりでの森

自然の斜面を生かした大型アスレチックで、思いっきり体を動かそう!

・年齢別おすすめ度
【1~3才】低い位置にある簡単な遊具で遊べます。小さなすべり台も設置されています。
【3~6才】各遊具に、難しいルート(ロープ登り)と簡単なルート(スロープ)があり、簡単なルートであれば自力で登ることができます。
【6~12才】 全ての遊具を自力で登ることができます。

自然の急斜面を生かした大型アスレチックで、頂上まで登るのは体力が必要ですが、低い位置からだんだんと難易度が高くなる作りになっているので、小さい子供は低い位置にある簡単な遊具でも遊ぶことができます。頂上から一気に斜面を下る長いローラーすべり台は、子供たちに大人気。頂上までの道のりはアスレチック以外に階段もあるので、すべり台だけを楽しむこともできます。

スタート地点から頂上を見ることができないほど大型のアスレチックです。赤や黄色、白などそれぞれ色の違う「とりで」が設置されていて、難易度もさまざま。子供の体力や年齢に合ったとりでにチャレンジしながら、頂上にあるローラーすべり台を目指しましょう。

娘は、ママに手をつないでもらってスロープや階段を使いながら頂上まで自力で登ることができました。息子は、ロープ遊具を自力でよじのぼったり、時折パパの手を借りながらも、メインルートを通って頂上まで登り、ローラーすべり台を楽しむことができました。

ここが楽しかった!おすすめポイント

とりでの森は難易度別に遊ぶことができるので、子供の年齢に応じた遊び方を大人が教えてあげると、より楽しめます。とりでの森の隣の広場にも小さな子供向けの遊具がありました。ちびっこ動物園は、ふれあいコーナー以外にもにわとりが檻の中で飼育されていて、その様子を見ることができます。手洗いコーナーも充実しているので、「動物と触れ合った後は、しっかりと手を洗うこと」の大切さを教えてあげることができます。

 

公園情報
こども自然公園

こども自然公園は園内がとても広く、いろんな遊び方ができるので何回でも楽しめる公園です。むしろ、行く時はあらかじめ目的を決めて遊びに行くことをおすすめします。

公園の中心にある大きな池は約6,600平方メートルもあり、なんでも江戸時代中期に灌漑用水池としてつくられたそうです。天明の大飢饉では、この池の水と魚が多くの人の飢えと渇きを救ったとか。池畔には弁財天が祭られ、「本宿の大池」として親しまれてきたそうで、今では釣り人がのんびりと糸を垂れています。

緑が本当に豊かなこの公園はピクニックにも最適です。売店はありますがメインエントランスの1か所のみなので、お弁当と水筒、おやつを持参して行くのもいいかもしれません。

住所:神奈川県横浜市旭区大池町65-1
アクセス:相模鉄道本線「二俣川駅」下車 南口より徒歩20分、もしくは相鉄バス「旭1・旭6」系統で「万騎が原中央」または「万騎が原大池」下車、徒歩3分
相模鉄道いずみ野線「南万騎が原駅」下車 徒歩7分
主な施設:大池、中池、桜山、梅林、バーベキュー広場、とりでの森、教育水田、ホタルの生息地、ピクニック広場、芝生広場、自由広場、ドーナツ広場、まきが原ちびっこ動物園、青少年野外活動センター、こども自然公園野球場、草地広場、「めだかの学校」歌碑、売店
公式サイト:横浜市ホームページ (こども自然公園 )